活動状況

2022-01-06 16:39:02

22.1.5 タクミアリーナ練習!

IMG_5758.PNG

 新年初練習はドームから始まりましたが、引き続き今日はタクミアリーナで練習でした!

 平日アスリートの冬季練習は、すぱーく比内、ニプロハチ公ドーム、タクミアリーナをメインに行っています。それぞれの場所だからこそ可能な練習があり、目的やメニューをある程度分けて練習に取り組んでいます。内履きを使用するタクミアリーナでは、土や下足の心配をすることない全身運動や基本中心のメニューをメインにしています。

 一昨年まではタクミアリーナの練習比率が高くなっていましたが、昨年からドーム練習の比率を上げるようにしました。今シーズンも昨年ほどではないものの、1月下旬から2月を中心にドーム練習の比率が高くなるよう組んでおり、その中で新シーズンにいい状態で入れるように考えているところです。今冬は特に練習場所の確保に難航していますが、保護者の皆さんの負担感に配慮しつつ、子どもたちにとってベストな形になるようにしていきたいと思います。

 

 タクミアリーナは基本的に1/3を使用していますが、やはり練習のたびに人数の多さを実感しています(写真の後ろにもう1列待機しています)。狭い場所での練習ですが、引き続き事故の無いよう取り組んでいきます。

2022-01-05 21:29:03

22.1.4 今年初めての練習日!(ドーム)

IMG_5757.PNG

 あけましておめでとうございます!

 本年も大館ジュニアアスリートをよろしくお願いします。

 昨年は全県大会や県北ブロック大会など数々の大会で、想像以上の輝かしい結果や選手個々の自己ベスト大幅更新を達成することができました☆。ここまでの活躍は1月頃には想像できませんでしたが、改めて子どもたちの底力と可能性を感じさせられた1年となりました!

 

 新しいシーズンに向けて11月から冬季練習に励んでいますが、今冬は恐らく過去最多のチーム人数で練習に取り組んでいます。コーチングサイドとしては苦労はありますが、日々子どもたちの進化が目につくようになってきたため、新しいシーズンに向けた手ごたえを感じる機会が増えてきています。引き続き『なんのために練習に取り組んでいるのか』をしっかりと自覚してもらいながら、新年の練習に励んでほしいと思います。

 

 さて、練習の最後には新年恒例となった”今年の目標”をチーム全員で共有しました。はっきりと考えている子、まだイメージが沸かない子、新しいシーズンどれほどの記録が自分には出せるのか。よく分からないのはもちろん承知の上で、とにかく『自分が練習に取り組む意味』を自分なりに考え、それを『チーム内の人たちに言葉で伝える(共有する)』ことを目的に行っています。一度大会が始まってしまうと、自分で考えてレースを進めていかなければならないため、その”考えるチカラ”と”自分に自信をつける”ための訓練の一つに位置付けています。共有した自身の目標達成のため、まずは練習に意欲的に取り組んでいってほしいと思います。

(このスピーチ?は内容を変えて春頃まで定期的に続いています。子どもたちには不人気な時間かもしれません。笑)

 

 最後に平日アスリートの共通目標として、次の目標を共有しました。

①挨拶、返事など、チームの一員の自覚を持って声を出す

 ⇒チームの雰囲気づくり、筋肉の出力を上げる効果、判断力を身に付けるための位置付け

 

②時間を意識しながら、意欲的(積極的)に練習に取り組む

 ⇒大会やアップなど時間を気にした行動の習得、判断力を身に付けるための位置づけ

 

③チーム内で人の悪口は言わないこと(特になにかがあったわけではありません!)

 ⇒チームとして練習することのメリットを最大化する、リレーや駅伝など団体競技におけるコミュニケーション能力を身に付けるための位置づけ

 

 意識すると決して難しいことではないと思いますので、これを常に考えてもらいながら”アスリート”の自覚を持って練習に取り組んでほしいと思います。

 本年も大館ジュニアアスリートをよろしくお願いします!!!

 (新年早々からクドい内容ですみません!)

2021-11-25 19:59:52

21.11.25 冬季練習が本格始動しています!

IMG_5617.PNG

 すっかり更新が久しぶりになってしまいました。

 新型コロナの影響は受けつつも、今シーズン予定されていたすべての大会を終え、2週間程度の休息期間を経て先週から冬季練習が開始しています。

 

 今シーズンはアスリートの活躍が目立った1年でしたが、しっかり気持ちを切り替えて約4か月半の冬季練習に臨んでほしいと思います。

 

 そんな今日は市陸協で借りてくださったドーム練習日でしたが・・・利用団体はアスリートのみと、貸切状態での練習でした。『もったいないなあ』と思いつつ、そういう時ならば!と伸び伸び広々と使ってハードル練習(ドリルが中心)ができました。冬季練習では嫌というほどハードルに接する機会が多いアスリートですが、リズム感、速いピッチ、調整力、スピード、バランス、ストライド(歩幅)など、書き切れないほど多くのことを獲得することができます。これは短・長距離を含むトラック種目に限らず、フィールド種目にも必ず活かされてきますし、より学年が上がってからその効果がより見えてくるのではないかと考えて積極的に取り入れています(もちろん練習はバランスよく!)。

 できる日はどんどんハードルを跳びまくっていきたいと思います!

 

 そんなアスリートの”練習外”の部分で①練習間の移動はかけ足で素早く行う、②コーチ、練習場所、保護者、陸協関係者への挨拶、を徹底して行います。チーム全体にきちんと浸透するまで時間がかかるとは思いますが、”大館ジュニアアスリートの基本姿勢”として大切にしていきたいと思いますのでご理解をお願いします。

2021-06-28 22:17:30

21.6.27 全県大会でOJAが大活躍!

IMG_4918.PNG

 

 全体の結果はこちらからご覧いただけます👇

 http://jaaf-akita.com/wp-content/uploads/2021/03/191f7236725d38bd96bcdd8c888e8ee4.pdf

 

 また、大館ジュニアアスリートの入賞者については、こちらをご覧ください👇

 https://odate-jr-athlete.com/info/3999161

 

 今回は出場選手で同じ宿舎に寝泊まりし、試合に限らない場面でも濃ゆい時間を過ごすことが出来ました。いつの日か、この経験が子どもたちにとって良い思い出となって心に残り、そしてこれからの人生に少しでもプラスになってくれることを心から願っています。

 

 2年前の全県大会では決勝にコマを進めることが出来ませんでしたが、今年は決勝種目で選手の活躍があらゆる場面で光りました。そしてリレー種目で準優勝してでさえも『悔しい』と感じることのできるほど、これまでの長距離種目だけでなく、短距離種目でも県内でも有数の強いチームになりました。

 このチームで全県大会に臨めたことを誇りに思います。本当にありがとうございました。

 そして、気持ちを新たにシーズン後半戦もさらにパワーアップして臨みたいと思います。

 

 さて、2週間後はいよいよ中学校の全県総体や通信大会が始まります。小学生以上に勢いがありますので、アツい活躍を期待しましょう!!!

 

 

2021-06-24 21:41:29

21.6.24 小学生の全県大会が間近!!!

IMG_4884.PNG

 2年ぶりの開催となる、秋田県の全県大会まであと3日となりました。

 昨日23日の練習をもって、大北大会後から予定していた練習メニューの全てを予定通りこなして終了し、後は休養によりいいコンディションにもっていく段階となりました。

 

 北鹿新聞などをご覧の方は大北大会でもOJAの活躍をもうご覧いただけたかと思います。あれから約3週間が経過し、この間にも更なるパワーアップによりチカラをつけることができたと実感しています。

 これまで小学生の短距離種目では秋田市内のクラブなどに歯が立たない状況が続いてきましたが、今年は高いレベルで闘える手応えを感じています。昨年の全県大会が中止となったことでデータが少ない中ではありますが、レベルの高い大館北秋田地区で勝ち抜いてきたからこその自信があり、『既にライバルは秋田市内にあり!』という気持ちで準備を重ねてきました。

 まずは「決勝」進出を目指して挑むことになりますが、いい結果を大館北秋田地区にお届けできるよう、残り期間も気を抜かず精一杯頑張りたいと思いますので応援をよろしくお願いします。