活動状況

2021-02-06 19:46:05

21.2.6 公認スポーツ指導者資格更新研修を受講してきました!

IMG_4391.PNG

 今日は珍しく土曜日の練習はお休みとさせていただきました!

 タイトルにもあるとおり、公認スポーツ指導者資格という、スポ少の運営に欠かすことのできない資格の更新研修をコーチ3人が受講してきました。この資格は、小学生の全国レベルの大会出場の際の帯同に必要となるほか、秋田県ルールで経過措置はあるものの、やがてはこの資格が無いとスポ少の活動ができなくなります。全国的にジュニアの成長レベルに適した指導が確実に行われるよう色々なルールが整備されつつあります。

 この資格は4年に一度更新する必要があり、その際には更新研修の受講が必須になっています。コロナ禍なのでオンライン形式の研修もありますが、せっかくなので・・・と秋田市まで受講しに行ってきました。普段は自らが指導する側にいるため、他の人の指導する様子を見学するというのは中々に貴重な機会でした。

 

 研修そのものは・・・県陸協が主体で実施する、中高生の強化練習会の様子を見学するというものでした。これにはOJAの子も参加している練習会でしたが、だからこそじっと見ているのはかなりのストレスでしたが(笑)、なんとか2時間半が無事に終わりました。

 

 そんな移動中にご当地エフエム「ラジオおおだて」でアスリートの長田代表と子どもたちが出演しました。子どもたちは自分の考えや目標をしっかりと話していて、とても頼もしく感じました。聞き逃した方は再放送の機会もありますので、ぜひ聴いてみてください。

 コーチ陣から上からの一方通行の指導をするスタイルだけがあるべき練習の姿ではなく、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を含め、自分から言葉を発したりというコミュニケーションの力を身に付けたり、周囲の子どもたちとの協調性を育てたりという色々な経験は、きっと大きくなってから陸上だけでなく、色々な場面で役立つと思っています。

 そして今日の長田代表の言葉にあったとおり、「小学校の時によければいい」などという”今がよければいい(今なんとかしたい)”というよりは、OJAでは高校での活躍をイメージしながら、特に①小学生②女子に比べると成長が遅い中学生男子は、”余白”を大切にしながら活動しています。自分の可能性が花開くとき(芽が出るまで)をじっと待てるか、そして日々の練習を継続できるかが大切ではないかなと今日の練習会に行って改めて感じました。

 私たちコーチ陣にとり、日々の練習、そして子どもたちの成長は『とても長~い物語』をイメージしており、途中を読み欠かいてしまうとその後の話についていけないのと同じで、日々の練習はどれも欠かすことはできない大切な要素になると思っています。今、目の前にある環境を信じてこれからも練習に励んでいきましょう☆

2021-02-04 20:46:06

21.2.4 ニプロハチ公ドーム練習

IMG_4389.PNG

 たまには平日アスリート練習の話題を・・・(決してテニスをしているわけでなく、奥の方でバッチリ練習しています(汗))。

 今日はニプロハチ公ドームにて練習でした!

 今冬は昨年度までと打って変わってドーム練習の比率が高まったことで、練習開始が30分早い日が多いなど、保護者の方々にはご負担をおかけしています。

 どちらかといえば昨年度まではタクミアリーナの比率が高かったのですが、今冬このような感じで過ごしてみて、春先の変化がどのようになるかを一度見てみたく、試行的に導入してみています。ここからはまたタクミアリーナの比率が今までどおりになる時期もありますが、屋内だからこそ出来る練習も時にはやりたいので、それでどこまでバランスが取れるのかなども見ていきたいと考えています。

 

 今年は雪も多く寒いため、やや子どもたちの心理もマンネリ化しやすいこの時期の練習にピリリと刺激を入れるため、気温が比較的高めだった2月最初の練習となった火曜日の練習で、これまでの冬季練習の中間評価も兼ねたコントロールテストをやってみました(といっても100mだけ)。

 本格的なスピード系の練習にはシーズン中ほど手をかけていない状態ですが、手動計時の誤差を差っ引いたとしても短長距離関係なく上々の感触を得ることができたほか、テスト中の子どもたち個々の動きなども見ながら、これからの練習の改善点や個々人の課題&伸びしろポイントを把握することができました。とりあえずここまでは全体的に概ねいい方向に向かっているかなーとは思っていますが、引き続き子どもたちと楽しく精進していきたいと思った今週の平日練習でした。

 子どもたちもタイムを聞くことで、これからの目標が改めて見定まったと思うので、練習における”積極性”などを存分に出してもらいながら、折り返しに入った冬季練習に引き続き励んでほしいと思います。

2021-01-31 21:14:46

21.1.31 すぱーく練習

IMG_4372.PNG

(今日1月31日は撮り忘れのため、昨日1月30日の様子を・・・)

 

 早いもので、1月最後の練習日となりました!子どもの時間感覚だと1か月は長~く感じるものですが、コーチ陣からするとあっという間の1か月だったなと感じています。

 そんな1月も中旬は暖気により長距離ブロックを中心に屋外での練習もできる位に天気がいい日もありましたが、この土日は寒さが戻り屋内中心への練習へ戻りました。これを繰り返しながら、少しずつ春へ向けた準備を重ねていくことになります。

 1月最終日の今日は、30m弱×20m弱のすぱーくの中で、なんと5ブロックに分けた練習が展開されました!この限られたスペースの中でこれだけの練習が展開できるところも工夫や連携があってこその結果ですが、一般的には中々凄まじい光景だったのでは・・・と後になってから思いました(汗)。裏を返すと、それだけきめ細かくやらないと子どもたち個々の状態や成長度合いに応じた練習が積めないということでもありますが、指導側からしてもよりきめ細かく子どもたちに向き合える点ではきっとアスリートの子たちにもプラスに働いてくれると思っています。

 焦らずじっくりと。それぞれの学年や成長度合い、競技レベル、種目等をきめ細かく見極めながら、今この時期だからこそできる練習を私たちコーチ陣もメニューをしっかり吟味して行っています。こうした練習の機会通じて、引き続きしっかりと土台固めをしていきたいと感じた1日でした! 

2021-01-24 21:00:05

21.1.24 すぱーく練習

IMG_4357.PNG

 新しい年を迎え、そして冬休みを終え学校も始まったことで、少しずつ今までのような生活リズムに慣れてきたであろうこの時期ですが、冬季練習の大事な局面に差し掛かってきている時期でもあります。

 その一方で、長根山で練習できるわけでもなく、大会や記録会もある時期ではありませんし、寒いし雪降るし~で一番ダレやすい時期でもあります。それは子どもたちにとってシーズンインまでの時間がとても長く感じられるものですし、目先の具体な目標が立てにくいなど、色々な理由が絡んでいると考えられます。この時期にダレてしまうと故障やおかしな動きの獲得に繋がりやすくなってしまいますし、何よりチーム内の士気低下にも繋がりかねず、いかにこの時期を充実感のあるものにしていけるかが子どもたちにも、そして私たち指導サイドに対しても大事になってきます。

 

 ということで、最近はとりわけ気を遣っている時期ですが、上記のような状況をなるべく回避していきたい、周囲の状況に常に気を配り、他人任せにせず主体的にキビキビと行動できるOJAの基本の一つを意識しながら、チーム全体で協調して冬季練習を突っ走ってほしいと思います。

 

 昨日と今日と、「5月・6月くらいにこんな状態であってほしいなー」というのをイメージしながら、逆算して「この動きの感覚を掴んでほしいなー(詳しいところは企業秘密で)」というのを大切にした練習を重視してチョイスしました(もちろんいつもそうですが!)。そして特に小学生くらいの子どもたちの成長時期に大切な、持久系の練習を昨日は取り入れてみたりと、中身の濃ゆい内容になったのではないかなと思っています。

 今年、OJAが飛躍する年とする準備が着々と進んできている手応えを確実に感じることが出来てきています。引き続きコミュニケーションをしっかりと取りながら、冬季練習を積み重ねていきたいと思います!!  

2021-01-11 17:35:25

2021年の練習がスタート!!!

IMG_4321.PNG

 新型コロナに翻弄された2020年が終わり、新しい1年を迎えました。大館ジュニアアスリートも気持ちを新たに新年の活動がスタートしました!

 1月6日の平日アスリート練習から始まり、土曜日のすぱーく練習、日曜日の青森練習など、外は雪深く室内も寒い中での練習ですが、着々とシーズンに向けての準備が進んでいます。

 毎年たくさんの活躍を見せてくれるOJAの子どもたちですが、その中でも今年はより多くの子どもたちの活躍が期待される1年となりそうです(学年により人数にバラつきがありますので)。首都圏を中心にしてまだ新型コロナの影響がありますが、その中でも練習が積める大館市内の状況はメリットだと思いますので、感染防止対策には気をつけながら練習も頑張っていきたいと思います。

 この1月~3月頃の練習の成果がシーズン前半(4月~7月頃)はモロに影響してきますので、新年に立てた目標をしっかりと胸に刻みながら、意欲的に練習に励んでほしいと思います。

 

【保護者の皆さんへ】 

 OJAでは子供たちの自立性を大切にしています。練習に持っていくモノの準備は出来るところまで子ども自身でやっていただき、そして保護者の皆さんと一緒に確認をするなど・・・、準備を含めた練習に関することはなるべく子ども自らで行わせていただくようご協力をお願いします。大会などがいざ競技が始まってしまうと、子どもたちは自ら考え、自らの力で競技に挑まなくてはなりません。子供たちのやがての将来のためでもありますので、この点は改めてご理解とご協力をお願いします。

 今年も1年、保護者の皆さんとはコミュニケーションをたくさん取りながら活動を進めていきたいと思います。事務局も至らない点も多いかと思いますが、本年もよろしくお願いいたします。