中高生のみなさんへ

 大館ジュニアアスリートでは、陸上競技そのもの、そして陸上競技を通じた学生生活をトコトン楽しんでほしいと考えています。

 そして学校の枠を超えて”チーム”として一緒に練習することを通じながら、やがてOJAの中からインターハイなどで活躍する選手が1人でも多く大館から出ることで、大館の陸上界がもっともっと盛り上がることを夢見ています。その過程の中では、全国中学陸上やジュニアオリンピックなどを通過点とする子も出てくることでしょう。

 

 長いような学生生活ですがあっという間に過ぎますし、二度とやり直すことはできません。

 自信を持ってスタートラインに立てるよう、みんなで盛り上げながら楽しく練習を積み重ねていきましょう。

 

OJAの練習で気をつけてほしいこと

①『継続は力なり』。

 結果を出すためにはなにが一番大切かといえば、まずは「継続する」ことが大切だと考えます。簡単なようで、実は1番難しいことです。1日24時間のうち、練習するのはたったの1時間半~2時間ほどです。その24時間はみんなに平等に与えられています。時間が経ってから「あの時こうしておけばよかった」と後悔しないよう、日々の練習の機会を大切にしていきましょう。

 そして、1日の練習の終わりには達成感や満足感を得られるよう、全力で取り組むようにしましょう。

 

②挨拶、返事、移動や準備はテキパキと元気よく行いましょう。

 土日を中心に小学生が同じ場所で練習をしている日もあります。小学生はお兄さんお姉さんたちを見ていないようで見ています。

 中高生としてお手本になりながら、チームを引っ張っていってください。

 挨拶や返事をすることは大人になって必ず役に立ちますし、テキパキと動くことは練習時間を確保して時間を大切に使うために必要なことです。言われる前に率先してできるようになりましょう。

 

練習はトコトン楽しみましょう

 ①で継続は力なりといいましたが、楽しくない練習は長続きしません。やがては練習に行きたくなくなったり、走ることや陸上が嫌になってくることにも繋がりかねません。

 練習はキツいこともあるかもしれませんが”楽しく、笑顔を絶やさずに”練習することを忘れないでください!

 

④周囲への感謝の気持ちは常に持ってください。

 場所を提供してくれる管理人さん、学校の先生、友だち、一緒に練習を共にする仲間、そして練習の送り迎えをしてくれて応援してくれる家族がいるから今日も練習ができることを忘れないようにしてください。1人ではここまで練習をすることはできません。

 そして「よろしくお願いします」で始まり「ありがとうございました」で終わる。

 周りで自分を支えてくれる環境に感謝しながら練習を重ねていきましょう。

 

⑤(小さくてもいいので)目標を持ちましょう。それは多少困難さがあるような目標であっても、私たち大館ジュニアアスリートのコーチ陣はどこまでもお手伝いします(笑)。

 その目標に向かうためには今何をするべきか、どういう練習をするべきか、一緒に考えながら練習していきましょう。困ったことや気になることなどあれば、何でも相談してください(自分の言葉で言えるようになりましょう)。

 

⑥色んな人たちとコミュニケーションをドンドンとりましょう。

 これは私たちコーチ陣に対しても同じです。練習は誰かからやらされるものではなく、自分のためにするものです。自分のカラダのことは自分にしか分かりません。自分が納得して、より満足度の高い練習を積み重ねるためには、自分の状態や考えていることをしっかりと伝えていくことが必要になってきます。

 仲間と楽しく練習しつつ、陸上を通じて友だちをドンドン増やしていきましょう。