インフォメーション

2022/06/05 20:00

【情報提供】中学校の運動部活動の地域移行について

 先週に新聞報道などでご覧になられた方も多いかと思いますが、現在中学校の運動部活動の地域移行(地域の多様な団体等が受け皿)に関する議論が国レベルで行われています。

 既にある程度の方向性は決まってきており、数年のうちに大館市内の部活動もある程度新しい流れが巻き起こるものと考えています。

 ●国で示している方向性は次のとおり↓↓↓↓↓

 https://www.mext.go.jp/sports/content/20220531-mxt_spt_oripara01-000023074_4.pdf

 

 また、これとは別に来年度から全国大会に学校以外の団体も参加可能となる報道も出されるなど、全県あるいは地区レベルでも将来的に民間団体が参加可能となる可能性が出てきています。

 

 まだなにも具体的な動きがないため上記以上の話題はありませんが、アスリートとしては今後の動きに合わせて次の方向感で進みたいと考えておりますのでお知らせします。

・大館市内で部活動の地域移行が開始される時期と合わせて、希望する中学生の練習の場と機会を確保します。

 →休日の地域移行に関しては、現状の部活動に属したままなのか、あるいは所属が変わるのかなど、現時点で詳細が分かりません。

 →小学校のスポ少、中学校の部活動と同様に、「アスリート」として所属することが可能となった場合には子どもたちを迎え入れます。

・仮に小学生同様にスポ少化した形で大会参加が可能となった時点で、小学生同様に『大館ジュニアアスリート』として参加できるよう対応していきます。

 →中体連への登録など様々な手続きが出てくるようですが、開始時期に合わせて必要な手続きを行います。

 

 方向性を決めるに当たって、会費、練習日、どの範囲の子まで練習参加を可能とするのか?今学校部活動にいる子たちをどうするか?など、主にルール面で決めなければならないことがたくさん出てきます。

 いずれ「その時」が来た段階で皆さんで話し合いながら、”子どもたちにとってより良い環境になるように”考えていきたいと思います。